カテゴリ:日常写真( 19 )

秋風ぴゅうぴゅうふいてきたから。

e0200259_08263.jpg

気がつけば朝晩、ぶるっと寒くなっていた。
上着をもう一枚着ることができる、一年で一番好きな季節がやってきた。
こんな季節は無意味に外に出たくなるし、無性に高いところにのぼりたくなる。
そこから町を見ているだけで、幸せな気分になってしまうんだから!

迷いながら、悩みながら、それでも明日は、やってくる。
どんな人だって、世界中の誰だって、ひとつくらいは悩みもあるさ。
それでもこうして生きてんだから、
地球だってクルクルいつも、まわってんだから、
できうるかぎりの全速力で、ぼくはバタバタと走ってゆくさ。

なぜだかわからないけど不安な夜を、
秋の風がサラリと吹き飛ばしてくれる。
だから多分秋がすきなんだなぼくは。

同じ星にこんなにもたくさんの人がフウフウと息をしながら生きていて、
みんな何かしら悩みながら苦しみながらも、がんばって生きてんだなーと思えたら、
なぜだかソワソワしてしまう夜だとしても、
そのうちグウグウと眠ってしまうさ。

そして朝になれば「なんて気持ちのよい朝なんだ」なんて幸せを感じられるのだ。

この幸せ感じる秋の季節を大切に。
お釣りがくるくらいがんばってしまおうではないか!


秋 いず 最高!
梨 いず 美味しい!
[PR]
by tadashikoizumi | 2011-09-25 00:39 | 日常写真 | Comments(0)

星の国の、王子さま。

e0200259_0163825.jpg

I was looking at your art & it very much reminds me of The Little Prince.

コビトたちをみていると、「星の王子様」を思い浮かべるよ。

友達から一言、ポツリと、飛んできた。

見てくれた人が、そこから何かを連想してくれる、
とゆうのは本当に嬉しいこと。願ってもないこと。

憧れている世界に、限りなく遠いとはいえ一歩近づけた気がしたのは、
王子さまの生まれた星に、一歩だけ近づけたようなもの。

昔から読んでいた大好きな本のことをこうゆう形で思い出せるのも、幸せなこと。


今はただただ、カレーの王子さまが食べたいけどね!
[PR]
by tadashikoizumi | 2011-05-28 00:50 | 日常写真 | Comments(0)

ohanaストライキ

今日は、本当は、
ぼくがどうして金属で作品を作るようになったか、とか、
金属がどんなに素晴らしいか、とか、
書こうと思ったんだけれど、
そんなことよりももっと大切なことが今日起こりました。

「鼻うがい」したら鼻が通った!!

3日前から練習していた鼻うがい。
つらい日々だったけれど、
厳しい練習にくじけそうになったけど、
何度も辞めようかと思ったけど、
今日、努力が実った!

これはもう、すごすぎるー。
お鼻スースー!

「もう、やめさせてもらうわ!」

と、お鼻が鼻水をつくるのをやめたんじゃねぇかと思うほどに、
お鼻スースー!!

長い工事の末、ついにトンネルが開通したような、達成感!
お鼻、スースーっ!!!


ちなみに今日の写真は、現在の鼻の中の、イメージ映像です。
e0200259_23121242.jpg

[PR]
by tadashikoizumi | 2011-04-13 23:09 | 日常写真 | Comments(0)

溢れる母の愛

母はいつも、子供たちの持ち物に名前を書いてくれた。

教科書、下敷き、服、ズボン、パンツ…

小さい頃はなんだか照れくさくて、
いつもコソコソと、隠すようにしていたし、
ゴシゴシと、消えない名前をいつもこすっていた。

でも、「もーいいからー」ともなんだか悪い気がして、言えなかった。

一体いつの間に書いているんだろう。
新しい名前を発見しては、そんなふうに不思議にさえ思ってた。

知らぬ間に書かれるその名前が、
「ターくん」から「コイズミタダシ」に、
そして「小泉 匡」へと変わってゆくたびに、
大人になった気がしてた。

照れくさい気持ちも、感謝の気持ちに、変わっていった。

愛されているんだなあ。

ありがたく、いとおしく、感じられるようになっていった。

ぼくたち兄弟がいくつになっても
そんな母の愛ある習慣は、
変わらないんだけれど…
e0200259_0161188.jpg

!!

おおおい、おかーさーん

うちにそんな名前の人、いないからあああー
[PR]
by tadashikoizumi | 2011-02-28 00:24 | 日常写真 | Comments(0)

愛は金魚をすくう。

ドや顔。
上から目線。

君たちのその、「普段、人にしてはいけないこと」2連発。

全くどうして!
むしろありがとう!

だってそこに愛があるからね!
e0200259_014596.jpg

[PR]
by tadashikoizumi | 2011-01-20 00:26 | 日常写真 | Comments(0)

サラリン。

e0200259_23583373.jpg

最近このブログや、直接作品を見ては、
さらりとすごいことを言ってくれる人にたびたび出会う。

きっと本人達は純粋率直な感想を、「ふわっ」と発してくれているんだけれど、
それがこう、「ズバっ」と言われては「ハっ」とさせられるもんだから、「ドキっ」とする。

ははあ。これが有名な「ズバッ ハッ ドキッ」の法則か。←ありません。

いつからこんなに鋭い子達が生まれ始めたのか。
ゆとり教育してたんじゃないのか。にっぽん。

モノゴトの本質をいとも簡単に見抜いては、
それをサラリと伝えてくれる人たちが、こんなに近くにいるなんて。
本当に幸せなことだなあと、思うのです。

だからこそ。
いつまでも、油断しないように。
背筋をシャンと伸ばしていられますように。
[PR]
by tadashikoizumi | 2010-11-11 00:36 | 日常写真 | Comments(0)

なんぜん万年ものがたり

e0200259_1195930.jpg

はるか前を歩いている、世界に名を馳せる芸術家さんたち。
ピカソやダリや、レオナルドダヴィンチ。
そして名も知れない、インカの人々やクロマニヨン人。

およそ届かない距離だけど、少しでも近づこうと今がんばって、走っています。

そしてふと後ろを見てみると、これまたすごい勢いで若い世代が、走ってくる。


「最近の若いものは!」と毒づく人たち、
そんなことばかり言っているとすぐに彼らに追い抜かれてしまうよ!

少なくとも「時折」にふらりと集まってくるこの若い芸術家の卵たちを見ていると、そう思う。

彼らはたくさんたくさん悩みながら、苦しみながらも前え前えと走ってくる。

キラキラした目で話してくれるこの子達の作品は本当に素晴らしくて、
ただ突っ走ればよいだけで悩む必要なんて全然ないんだけど。
でもせっかくだから彼らにはもう少しの間、悩ませておこうとも思う。
自分で作ったその壁を、自分の力で乗り越えた時、
それはそれはとびきりの喜びを味わえるんだから。

「芸術なんて、つぶしのきかないことを!」と毒づく人たち。

そもそも「つぶし」が何なのか知らないけどさ、まー今にみてなよ。
この若い卵たちと一緒に、すぐに追いついてみせるからさ!

数々の名作を歴史に残してきた名も知らないクロマニヨン人さん達。
いつか必ず、そこに追いついてみせるので、どうか見ていてくださいね。


ただ自分はこの子たちと違って、もっと悩み、もっと苦しみ、がんばらねばいかん。

がんばってがんばって少しでも明るい線を、引いておかなきゃ。
今はまだ走り始めてもいない卵たちが、安心して芸術の道を、走り出せるように。
[PR]
by tadashikoizumi | 2010-10-28 01:35 | 日常写真 | Comments(0)

まあとりあえず一杯 

e0200259_546185.jpg

こどもがサラリと絵を描くように、
サラリといつも、作っていたい。
思考するのはもうやめて、思うがままに、楽しいままに。

あわてない、あわてない。
ひとやすみったら ひとやすみ。
[PR]
by tadashikoizumi | 2010-10-13 06:00 | 日常写真 | Comments(0)

さんぽ歩いてにほさがる

まあ、なんだ。ちょっと休んでいきなはれや。
e0200259_1575934.jpg

たまには、こうゆう写真で休憩します。
そう、骨休み。
犬なだけにっ!
[PR]
by tadashikoizumi | 2010-09-23 02:19 | 日常写真


ピンチはチャンス パンツはチョイス


by コイズミ タダシ

プロフィールを見る
画像一覧

最新のコメント

爆笑!!! この日、旧..
by hahamego at 18:48
✳︎hahamegoさん..
by tadashikoizumi at 09:54

カテゴリ

日常写真
旅の写真
お絵かき
コクチさん通信
ご紹介
めっせーじ
おふざけ
あいのうた
オーダー

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...

タグ

外部リンク

検索

画像一覧