<   2010年 12月 ( 14 )   > この月の画像一覧

よくあることだけど。

e0200259_0484383.jpg

よくあることだけど。

今夜は、ただただ、
世界で一番かわいい言葉は何か、を考えている。

「おいでおいで」

「もしゃもしゃ」

「あるまじろ」

「ムーミン」

「ねぇムーミン」

「ドラえもん」

「ねぇドラえもん」

「なあにのび太くん」


色々あるけれど、
「なあにのび太くん」はだいぶかわいいけど、

「バームクーヘン」を超えるものは、まだ見つかってない。
[PR]
by tadashikoizumi | 2010-12-30 01:01 | お絵かき | Comments(0)

ナチュラルにエンタァテイナー

その子たちは、かっこつけない。
だから、本質的に、ものすごくかっこいい。

その子たちは、たぶんすっごく、仲が良い。
だから笑顔にウソがない。

悲しい時は、ステージ上でも遠慮なく泣いてしまうし、
八の字眉毛で寂しそうな顔をする。

そしてステージから降りると、変身がとけたかのように、
ペコペコと頭を下げながら肩を寄せ合ってすみっこに立っている。

一瞬で人々を楽しませられる人たちを、うらやましく思う。
爆発的な歓声を生み出せる人たちは本当に、かっこいいと思う。

そしてそんな人達に出会えた自分はやっぱり、幸せだと思う。

目指せない世界があるのも、良い事だ。


こっちは僕に、任せてよ
だからそっちは君たちに、任せたよ!
e0200259_08737.jpg

[PR]
by tadashikoizumi | 2010-12-28 00:36 | Comments(0)

かしこまりっ!本舗

e0200259_22503089.jpg

「今ちょっとゾウさんの足つけてるとこだからあとでまた電話するわー」


そんな予期せぬ言葉を発する機会があるだけで、人生、豊かすぎる。


それはさておいて(パオーン)。

「かしこまりっ!本舗」さんでの販売がスタートしました。


作り手のことをとても親身に考えてくださる方々なので、
何か自分も恩返しできたら、と思うわけです。

感謝の気持ちが一番、意欲をかき立てられるのです。

ぜひネットサーフィンの合間に、お立寄りくださいませ◎
[PR]
by tadashikoizumi | 2010-12-24 23:12 | コクチさん通信 | Comments(0)

四ツ葉の降る町。

e0200259_012025.jpg

ねーねー。
これ何かなー。空から落ちてきたんだけど。
e0200259_0193041.jpg

なんだろう。
あ、あの人みたいにしてたら雨が降っても濡れないね。
e0200259_0194647.jpg

ね、ほら。見て見て。
太陽の光が強すぎる時も、こうしてたらきっと涼しいよー。
e0200259_020233.jpg

ぼくなんてこうだよ。
こうしたらきっと、空も飛べるんじゃないかなー。


*** *** ***

クローバーのものって、どんなのがあるんですか?

とゆうことで。
ブログを使って「こんな感じだす。」とご紹介。

便利!

伝言板か!


便利ついでにもう1つ。
詩的な、
いや、私的な用件でごめんなさい。

昨日リップクリームについて「どこだ。どこだ。」とお話した、友人のみなさん。

「ノエビア」でしたー。


地図を描いて載せれば、道案内も出来るかも。


四ツ葉の降る町に行くにはね…
[PR]
by tadashikoizumi | 2010-12-23 00:29 | Comments(0)

弱い音色が心地よい。

e0200259_2355966.jpg

ねえねえ。こんなものを、作ってよ。


そんなふうに言ってもらうことで、
生まれてきた作品たちは、実はとても多い。

四葉作れる?
サックス作れる?

ウシさんは?
ウサギさんは?
キリンさんは?

e0200259_2359171.jpg


ウシさん作らせたらぼくの右に出るものはいないよ。

言いながら心の中では「出来るかー。」とオロオロしている。

でもとりあえず何度も作ってみると、いずれそれらしいものが出来上がる…

…こともある。
いつもじゃあないけど。

e0200259_041849.jpg

こんな時に、いつも思うことは、

あーやっぱり自分1人で生きてはいけんなあ、
いつも誰かの力を借りながら生きてるんだなあってこと。


でもそんな弱音は、なぜだか妙に心地よい。
1人じゃ生きていけないんだなあと思うといつも、
なぜだか照れくさくて、嬉しくなる。

開き直るわけじゃあないけどさ、
人の力を借りてこそ成長できるってのは、

なかなか素敵なことだよー
e0200259_0131879.jpg

[PR]
by tadashikoizumi | 2010-12-21 00:18 | Comments(0)

平和であることの実感。

e0200259_0304290.jpg

ねえ。


うん。


「人肉」

…こう書いて「にんにく」と読むんでなくて本当に良かったね。


そうだね。


e0200259_030112.jpg

[PR]
by tadashikoizumi | 2010-12-18 00:34 | Comments(0)

続報、明るい日中関係。

e0200259_19222691.jpg

以前に話していた、アメリカで勉強している中国からの学生のお話。

「いつか自分は、今は感じているこの作る喜びを、
失ってゆくんじゃないかと心配していました。」

そんなことをお礼のメールの冒頭で、彼女は言っていました。


自分が言葉の中で何を伝えられたのかは分からないけど、
でも実は作品を見てくれてる時点で彼女は
自分から絞り出せうるものは全部得ていたんじゃないかなとも思う。

楽しみながら作っているのが作品から伝わってきます。

伝わってるじゃないか!
それさえ感じていてくれたら、あとはもう、なんでもいいのだ。

彼女にはとにかく、未来を恐れず、今を大切にしてほしいなあと思う。
そしてそんな姿を見せられて、自分もまた未来を恐れず、今をがんばろうと思う。



P.S. 以前に紹介したうちの母は、今日は
「ガーコと遊んでくる」と言って近くの池にでかけてゆきました。
ガーコは、多分、アヒルのことだと思います。

続報、続報っと。
[PR]
by tadashikoizumi | 2010-12-14 19:25 | Comments(0)

大きなクローバの下で。

e0200259_22574197.jpg

ねえ。
ちょっと疲れてきちゃったから、座ってもいーかな。
だってこれ結構重いんだよ?
もう随分長いこと待ってんだから。

え?座ったらお尻濡れちゃうって?
頭濡れないようにしててもお尻濡れたら意味ないだろうって?

まあそりゃそうなんだけど。
たしかにお尻冷たくなってきちゃってんだけど。

濡れたって乾くんだから。平気だよ。

それよりこうしてたら、目立つから、
彼はきっと、気付いてくれる。
帰ってきたらすぐにほら、気付いてくれるよ。
だからあとちょっと、しんぼうするよ。

この大きなクローバの下で。
e0200259_2258464.jpg

[PR]
by tadashikoizumi | 2010-12-12 23:05 | Comments(0)

さよならバイバイ、もう一度!

e0200259_1271851.jpg

時折にて、はじめてのお留守番、終了しました。

楽しかった。
素敵だった。
最高だった。

だから寂しい!
悲しい!
ああなんてこった!
絶望的だこりゃ!


でも、いーんだ。大丈夫なんだ。
ここで出会ったたくさんの素敵な人達と、
今までみたいに会えないのはとっても寂しくてつらいけど、
でも一度出会ってしまったら、こっちのもんさ。
バイバイしたって、また会えるんだから。

プルルと電話で呼び出して、
「ねえ。来てよ。」と言えば飛んでゆく。
いや!国内だったら飛ばなくたって会えるじゃないか!

時折のおかげで、再会できた人達もまたたくさん。
なんて幸せなんだろう。
コビトたちを見てもらえたのももちろん嬉しかったけど、
それより何より本当は、また会えたことの方が本当はもっと、嬉しかったんだ。

ここで出会ったたくさんの人達、
そしてここで再会できたたくさんの人達、
またどこかでコビト達と楽しいお祭りするからさ、
だからその時は、飛んできてよ!
国内だったら、飛ばなくたっていいからさ!

ドイツから優しい主たちが帰ってきて、
時折はやっぱり、嬉しそうだ。
途端に明るくなった気がするな。

悔しいな。
さすがだな。
かなわないや!

でもなんだかやっぱり、嬉しいな!
時折にはやっぱり、この人達がいなくっちゃ。
ほんの少しの時間だったけれど、
夢のような時間を与えてくれて、
本当にどうも、ありがとう!
本当にどうも、ございました!

自分もいつか、こんな場所を、
素敵な城を、築くからさ。

その時まで!
さよならバイバイ!

また会いましょう!
何度でも!

さよならバイバイ!
もう一度!

さよならバイバイ!
また今度!

ありがとう!
ありがとう!
ありがとう!
[PR]
by tadashikoizumi | 2010-12-11 01:31 | Comments(0)

Hello Teacher, My teacher.

e0200259_23255428.jpg

Am I gonna be good, you think ?

I don't know if you are gonna be good or not, but I do know that you are having fun.
You always joke around when you are here with us.

Good or not?
Who cares, you know?

*** *** ***

むいているのか、いないのか。

自分はこの金属の世界に、むいているのかいないのか。
正直を言えば、むいていないと思う。

円を切り抜けば、いびつになるし、
叩けばしょっちゅう、失敗するし。
腕には大きな火傷をおうし、
エプロンはすぐに穴ボロになるし。

むいているのか、いないのか。
そんなことを聞いた時、かつての恩師が言ってくれた。

"そんなことは知らないけれど、
あなたはいつも楽しそうだよ。
ここで私たちといる時は、笑ってる顔しか見たことないよ。"

ああそうか、
ああそうだ。

むいていようがなかろうが、
僕はここにいる人達が大好きで、ずっとここにいるのが好きなんだ。

何かを続ける理由なんて、それでいい。


むいていようがなかろうが、
大好きな人たちと共にいられる限り、
僕はいつだって前を、むいててみせるさ。

それがほら、"むいてる"ってことでしょう?
[PR]
by tadashikoizumi | 2010-12-09 23:26 | あいのうた | Comments(0)


ピンチはチャンス パンツはチョイス


by コイズミ タダシ

プロフィールを見る
画像一覧

最新のコメント

✳︎ちくわぶさん ..
by tadashikoizumi at 06:20
初めてコメントさせていた..
by ちくわぶ at 00:34

カテゴリ

日常写真
旅の写真
お絵かき
コクチさん通信
ご紹介
めっせーじ
おふざけ
あいのうた
オーダー

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...

タグ

外部リンク

検索

画像一覧